人気のある注文住宅で自由に設計|こだわりのある住宅を建てよう

間取り図

地域の特色にも合った住宅

man

塩害対策も必要なら行う

政令指定都市であり、北部九州の経済や文化の発信地でもある北九州は、注文住宅を専門に扱う工務店も多く、施工主が理想とする住宅を購入できます。しかし注文住宅は高額な商品でもあるため、失敗をしないための注意点も多くあります。例えば気をつけたい点に、海沿いの地域での施工は塩害対策がしっかりとできる工務店を選ぶことです。北九州は小倉北区や若松区、門司区など広いエリアで海に接しています。これらのエリアでは海風も爽やかで住宅地の需要も高いですが、塩害の対策も必須です。また注文住宅は建売に比べて時間とお金、そして手間が掛かる住宅で、北九州でも建売に比べて相場は高めなので注意をしておきます。それだけに施工主の満足度も高いですが、後々不満点が出ないように工務店側とよくプランニングを煮詰めることも重要です。

断熱や防音対策なども特徴

北九州は平成の大合併もあって市域が広大です。都心エリアから田園部、ベイエリアなどエリアごとの特色も豊かで、気候の違いも存在します。そのため北九州の注文住宅は要求性能やデザインへの要望も幅広いのが特徴です。例えば都心エリアや国道3号線沿いの交通量の多いエリアでは、防音対策の需要があります。硬質ウレタンフォームを用いた防音性の高い内壁や外壁を使用した注文住宅も発注できます。断熱性の高い、省エネタイプの注文住宅も北九州の多くの工務店が取り扱っています。塩害対策や結露対策などの施工もでき、長持ちで快適に暮らせる注文住宅を提供しています。展示場を用意している工務店も北九州には多いのも特徴の1つです。そのため事前に完成イメージを得やすいというメリットもあります。