人気のある注文住宅で自由に設計|こだわりのある住宅を建てよう

間取り図

マイホームの購入に向けて

interior

戸建て住宅のタイプを知る

新築戸建て住宅を購入するのであれば、まずは新築戸建て住宅にはどういったタイプがあるのかを知ることが重要です。一般的には、大きく分けて、木造建築、鉄骨造、鉄筋コンクリートの3種類があります。ついつい見た目や設備に目が向きがちで、確かに生活するにおいて暮らしやすいキッチンや部屋の作りは大切ですが、構造や工法がどうなっているか、耐震がどうなっているかをしっかりとチェックすることも重要です。戸建ての場合、マンションに比べると建築基準法は緩めになっていますが、それでも、新築であれば最新の建築基準法に則って作られているので、最近建てられた新築の戸建を購入するのであれば、充分に安心して暮らすことが出来ます。

実際に家を買う前に

新築戸建を買う場合、大きく分けて、建築時から携わる自由度の高い方法か、すでにある分譲住宅を購入するかのふたつになります。ここでは、豊橋市を一例にして、家さがしのポイントをご紹介します。まずは住みたい土地、ここでは豊橋市を例にしますが、豊橋市内を自分で歩いてめぼしい物件を探してみるのが良いです。土地の購入から始める場合でも、その周辺の状況のチェックは重要です。住むということは、家そのものの暮らしやすさのほかに、近隣環境による暮らしやすさというものもあるからです。それは実際に自分の目で確認しないとわからないことです。たとえば、家からスーパーに行くというひとつをとっても、豊橋市の地図を見れば距離や道順はわかりますが、交通量や人通りといったものは地図からはわからないのです。